標準仕様

長期優良住宅

長期優良住宅対応仕様

当社では、長期優良住宅対応仕様(長期優良住宅認定可能な仕様)を新築物件、標準仕様にしております。

長期優良住宅のイラスト

長期優良住宅とは?

  • 耐震性能 地震に強い安心の家
  • 耐久性能 躯体のしっかりした長く住める家
  • 維持管理・更新の容易性 メンテナンスしやすい家
  • 住戸面積 暮らしやすい広さを確保した家
  • 省エネルギー性能 地球にも家計にも優しい家
  • 居住環境 地域のまちなみに配慮した家
  • 建てた後も、きちんと手入れをして、メンテナンスをすることで資産価値も保たれます。

※長期優良住宅を取得する場合、別途費用手続が必要です。プラン・諸条件によっては対応できない場合があります。
※一部の規格商品は除きます。

耐震等級3

耐震等級3の解説図

当社の新築物件「耐震等級3」(相当)を採用します。
警察署や消防署の耐震性と同等レベルなのが「耐震等級3」。
地震に強い家をつくるためには3つの条件をクリアする必要があります。
強い「構造体」、適切な「基礎改革」、そして、バランスのとれた「耐震設計」。
※プラン・諸条件により、対応できない場合がございます。
※一部の規格商品は除きます。

構造

木造軸組工法(在来工法)
木造軸組工法のイメージ

長く住み続ける家造りを目指す当社では、ライフスタイルの変化に対応するため間取り変更や増築しやすい木造軸組工法(在来工法)を採用しています。その究極の家がスケルトン&インフィルの木造ドミノ住宅です。

木造軸組工法(在来工法)は、木造住宅の工法としては、主流の工法です。柱と梁を組み合わせる伝統的な工法で、レイアウトの自由度が高く、狭い敷地や変形敷地、傾斜地や道路条件などに制約がある敷地といったさまざまな条件にも対応できるため、敷地をフル活用でき、間取りも構造の制約を受けにくいという利便性があります。また、間取りや外観の自由度が高く、将来のリフォーム(増築・改築)や補修もしやすいです。

木材というのは、鉄やコンクリートと比べて軽い割には結構強いのです。だから大きな空間でも作れるのです。そのうえ鋸(のこぎり)で簡単に切ることもできれば、釘を打つこともできます。

でも木造軸組工法(在来工法)が最高という訳でもありません。
ただ私たち丸石木材住宅(株)は木造軸組工法(在来工法)が私達の家造りの考え方にはベストだと判断いたしました。
剛床工法

構造材、接合部だけでなく、床も強くなければ地震に強い家にならない。丸石木材住宅(株)は、地震に強い家を実現するため、構造がどんなに強くても、地震のカで床が変形してしまえば、建物は無事とはいえません。地震によって建物に加わる水平方向の荷重(横揺れ)は、床に加わり、その力は柱、壁を伝わり、基礎を通じて地面に抜けていきます。この地震の力を、床の面で分散し、スムーズに伝えるために、丸石木材住宅(株)はより強靭な床剛性を追求しました。24mmの厚さがある構造用合板を1階、2階の床に打ち付けることによって優れた剛性を発揮します。

鋼製束

床を支える技術

優れた強度、耐久性の鋼製束

基礎周りの重要な部材である束。束は床を支える大引きの支柱となる部材です。一般的な木造軸組では、木の束を使用していますが、木の束の場合、経年劣化(乾燥・反り。縮み)が原因で、束石から浮き上がり、大引きを支える力が減少させたり、床鳴りを引き起こしたりする原因となっていました。また、腐朽菌やシロアリによって腐ってしまう問題がありました。丸石木材住宅(株)は、こうした問題を解決し、床のたわみや床鳴りを防ぎ、床剛性を高く維持する「鋼製束」を使用しています。

鋼製束の解説図

基礎

もっともこだわるポイントのひとつが基礎部分。ベース部の鉄筋は細かく200mmピッチにて施工。また、基礎立ち上がりは幅150mm、高さはGLより400mmに設定し、強度の向上を実現しています。

基礎の腐朽とシロアリ被害を防ぐ全周基礎パッキン工法

従来の床下換気口にくらべ床下に湿気がたまらないので、腐朽やシロアリに強く、家が長持ちします。また、換気口部分の断面欠損がなく頑丈な土台を築くことができるのもこの工法の特長です。

基礎と土台を絶縁し、湿気を効率よく排出!
耐久性向上・耐震安全性を実現します。
従来工法のイメージ Jotoキソパッキング工法のイメージ

『キソパッキング工法』による床下全周換気は、従来工法に比べ1.5〜2倍の換気性能を実現。土台の腐れを防ぎシロアリを寄せ付けにくい環境づくりに貢献します。

基礎のクラックの発生を防ぎ、
耐力を向上させます。

『キソパッキング工法』は、基礎に換気口を設けない工法のため、基礎にクラックが入るのを防ぎます。

従来工法の構造
  • 基礎に換気開口部を設けるのに上端筋を切断するため耐力が低下。地震に弱く、クラックの原因になりやすい。
  • 基礎と土台が接しているため、土台が腐る原因になる。
  • 基礎天端のレベル出しが大変。
Jotoキソパッキン工法の構造
  • 基礎と土台の間が換気口なので配筋など施工が簡単。基礎は頑丈。
  • 基礎と土台が離れているので土台が腐らず乾燥状態を維持。

断熱

当社の全新築物件は省エネルギー対策等級4(最高等級)
高性能16Kグラスウール採用

高性能・木造住宅の定番グラスウールの特徴

リサイクルガラスなどを高温で溶かして細い繊維状にした断熱材です。絡み合った繊維の間に空気を閉じ込めた無数の部屋があり、断熱性や吸音性に優れた性質を持っています。

柔軟性が高く、木材の乾燥や収縮に対応でき、柱と柱の間に隙間なく施工していく充填断熱工法に適してします。無機質なので燃えず、有毒ガスも発生しません。また、高温多湿な状態に長く置かれても劣化しにくく、吸音性にも優れています。

POINT.1環境性能の高い、地球にやさしい素材です。

主原料の85%以上にリサイクルガラスを使用:グラスウールは主原料の85%以上にリサイクルガラスを使用し、資源の有効活用に貢献しています。

POINT.2形状安定性に優れています。

無数の空気室をたっぷり含んだ綿状のガラス繊維のため、軽く、形状安定性に優れています。また、弾力性が強くコンパクトに圧縮でき、復元性にも優れた特性を備え、割れや垂れ、たわみなどの心配もありません。

POINT.3火災や白アリへの防御効果が高い素材です。

リサイクルガラスが主原料の断熱素材グラスウール

グラスウールはそのほとんどがガラスです:平成12年建設省告示第1400号に不燃材料として例示されました。火災時には延焼の時間を遅らせるなどの効果があり、有毒ガスが発生することもありません。また、グラスウールは白アリの食害にも強いという実験結果が得られています。そのために日本に広く生息する白アリ対策にも有効です。

POINT.4幅広い用途で使用されてます。

グラスウールは断熱性、保温・保冷性をはじめ吸音性にも優れた素材です。そのため、住宅用の断熱材を筆頭に、ビル建築などにおける空調ダクト・給排水管の保温・保冷材、機械室やスタジオの吸音材、高速道路における防音壁など、幅広い用途で使われています。

サッシ

冬の暖房時に家から逃げる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものは約半分。夏の冷房時に家全体に入ってくる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものは7割以上になります。冷暖房のムダを省き、効率よく利用するためには窓対策が重要です。当社では全新築物件、リクシル「サーモス」を標準採用。

テクノロジー
イメージ リクシル

当社では全新築物件、
リクシル「サーモス」を標準採用。

それは、断熱窓の進化と深化。スマートシナジーシステムが可能にした最高水準の断熱性能。優れた断熱性能と美しいフォルムの両立。最高水準の断熱性能と高いデザイン性を実現しています。

デザイン

住まいに美しい表情を与える、
SAMOSⅡ のデザイン。

スリムで美しいフレームデザイン
スマートシナジーシステムによって框の極小化を実現したスリムなフレーム。インテリアに、これまでにない美しい表情を与えます。

SAMOS llの種類と特長
断熱性能
窓の室内側表面温度の比較

一般住宅向け断熱窓で最高水準の断熱、環境性能を実現
暖冷房コストを大きく削減。地球環境にもやさしい断熱性が向上し、暖かさを逃さない。節電にもつながる、家計にうれしい窓です。

ガラス
遮熱高断熱型Low-E特長

より快適な暮らしを … Low-E 複層ガラス
次世代エネルギー基準に適合してさまざまな環境に対応する「複層ガラス」。中でも、遮熱と断熱の機能を発揮する「Low-E 複層ガラス」熱の出入りが最も多い窓こそ、住まいを快適にするキーアイテムです。

遮熱
夏の強い日差しはカットして、冬は暖かいまま。 特殊金属膜効果で、室内の明るさはそのままに、夏の強い日差しを約60%カットし、冷房効果を高めます。

日射侵入率比較

人体に有害な電磁波、
紫外線もカット!

紫外線は人体や住まいに有害な電磁波です。人間の皮膚の表面に作用して日焼けを生じさせたり、カーテンや家具などの色褪せの原因のひとつとなります。特殊金属膜なら、紫外線をより多くカットします。

紫外線カット比較

遮熱効果と断熱効果で、
一年中快適な住まいに。

冬は暖かい熱を外に逃がさず、夏は涼しさをキープするから、年間冷暖房費も大幅ダウン。家計にも環境にもやさしい住まいになります。

HEMS

全棟 HEMS(ヘムス)対応

HEMS(ヘムス)とは?
HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略です。家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムです。家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「自動制御」してりします。政府は2030年までに全ての住まいにHEMSを設置することを目指しています(※1)。将来、HEMSが一家に一台の時代になると思います。当社は将来を見据え、全棟HEMS対応分電盤を採用しております。
※1 平成24年「グリーン政策大綱」(内閣官房 国家戦略室)より

保証・アフター

紫外線カット比較
地盤保証

万が一のために。だから保証が必要なのです。しっかり解析しているので自信をもって保証します。一邸ごとに保証書を発行し、多くのお客様の地盤を見守り続けます。
当社では、全物件、地盤調査を行い解析し判定します。これらの判定結果に基づく診断により、全棟地盤保証が付いております。

アフターサービス

第三者機関の検査員が引渡後のお住まいの点検にうかがいます。
新しく建てた大事な我が家。長く快適にお住まい頂くためには住みはじめてからの定期的な点検やアフターメンテナンスが大切になります。
当社のアフターハウス点検は、新築引渡し後6か月目と2年目に お住まいを当社に代わって第三者機関の検査員が訪問し、客観的な視点で、お住まいの設備や建具、外壁等について点検を行ない、現況を当社に報告します。
お住まいの気になることについてもお施主様に代わって当社にお伝えします。

点検項目と主な点検内容
※点検方法は点検箇所によって異なります。(目視、動作確認、聴き取り、その他)

点検内容外部 点検内容内部